光のなかへ

光のなかへ進むことができる。

光はそこにある、そう感じることができるものがその世界を知ることができる。